アトピーの抑制にも効果あり!?乳酸菌の秘めたるチカラ

【人気沸騰】乳酸菌サプリの選び方!腸内環境を整える改善効果が凄い!

乳酸菌サプリコラム あなたにぴったりの乳酸菌サプリを選ぶヒントをお届け!

アトピーの抑制にも効果あり!?乳酸菌の秘めたるチカラ

アトピーになるメカニズムと免疫力

アトピーとは、一般的にアトピー性皮膚炎のことを指します。
アトピー性皮膚炎とは、かゆみを伴うジュクジュクした湿疹のことで、悪化したり治ったりを繰り返します。アトピー性皮膚炎になる原因は、親がアトピーやアレルギー性鼻炎などなんらかのアレルギーを持っていたり、合成洗剤などの影響で皮膚のバリア機能が低下したり、化学物質やストレスなどで免疫機構がアンバランスになったりすることでおこります。

もともと私たちの体には、病原菌から守る免疫があり、免疫反応を起こすことで、身体の中から病原菌など身体にとっての異物を外へ追い出します。
乳酸菌をはじめ、私たちの腸に生息する腸内細菌も、その免疫機構を作っています。
しかし、これがうまく働かないと、普段は感染しないような細菌に感染してしまう、免疫不全という病気になります。
逆に働きすぎると、ちょっとした傷や化学物質による刺激などで免疫反応が起き、さらに止まらなくなることで私たちの身体に不調を起こします。これがアレルギー反応です。
皮膚が弱っていたり、化学物質による刺激などでジュクジュクした皮膚の炎症がおさまらない状態をアトピー性皮膚炎といいます。
アトピー性皮膚炎には腸内の乳酸菌をはじめ、多くの免疫機構が深く関わっているのです。

allergy_2

アトピー抑制に効果のある乳酸菌の種類とは

アトピー性皮膚炎の治療法としてはおもにステロイドといって、免疫反応を抑え込む薬が用いられます。免疫反応が過剰に起こるのを止めるため、劇的な効果がありますが、これは症状を一時的に抑え込むもの。
そもそもの原因(ストレス、化学物質など)を取り除かなければ、根本的な解決にはなりません。
そこでアトピー改善のひとつとして、免疫機構を整えることがあげられます。
乳酸菌などの腸内細菌も免疫のひとつで、特にL-92乳酸菌や、乳酸菌KW3110といったものがアトピーに効くと言われています。
しかし、腸内には数多くの腸内細菌がまるでお花畑のように住み着いています。(腸内フローラといいます)ひとつの乳酸菌にこだわらず、様々な乳酸菌をとることで、腸内フローラが改善され、結果的に免疫機構の改善アトピーの改善につながっていきます。

効果的な乳酸菌の摂取方法とその他の効果

では、乳酸菌はどのように摂るのがよいのでしょうか。
乳酸菌といえば、ヨーグルトや乳酸菌飲料、漬物、など、身近な食品に多く含まれています。しかし、腸内環境をととのえるためとはいえ、毎日多くの乳酸菌を含む食品を取り続けるわけにはいきません。食事で乳酸菌を摂るのも大切ですが、それでは足りなければ、サプリメントの力を借りるのもひとつの手です。

サプリメントは、食品です。
ただし、乳酸菌やビタミンなど、ある特定の栄養素を多く含んでいるため、少しの量で多くの栄養を補うことができます。仕事や子育てで忙しかったりで食事だけでは不充分な時は、サプリメントで補ってみてください。
乳酸菌には、主な効果として整腸作用があります。乳酸菌サプリメントを摂ることで、腸内の善玉菌が増え、便通が良くなります。
善玉菌が増えると、悪玉菌の出す有毒物質が減り、結果、肌荒れの予防つまりアトピーの改善効果を促進します。