プラズマ乳酸菌とR-1乳酸菌の免疫効果の違いを簡単にまとめ

【人気沸騰】乳酸菌サプリの選び方!腸内環境を整える改善効果が凄い!

乳酸菌サプリコラム あなたにぴったりの乳酸菌サプリを選ぶヒントをお届け!

プラズマ乳酸菌とR-1乳酸菌の免疫効果の違いを簡単にまとめ

 

最近、プラズマ乳酸菌とかR-1乳酸菌とか、聞いたことがありませんか?スーパーなででも、これらの表示のある商品が販売されていたり、CMで流れていたりするので、耳にしたことがある方も多いかもしれませんね。

さて、乳酸菌といえば、ヨーグルトに含まれていて、お腹の調子を整えてくれるということはよく知られていますが、いろんな種類があり、効能も少し違っているのですよ。

多くの乳酸菌の中でも、このプラズマ乳酸菌とR-1乳酸菌は、免疫力が向上することの実証がなされ、今、大変注目を浴びています。
それぞれ、どのような機能があるのか、少し見てみることにしましょう。

プラズマ乳酸菌について

正式な名称は、「ラクトコッカス菌ラクティス菌CM5805株」と言い、ブルガリア菌に属する株です。ヨーグルトなどを作るときに牛乳に混ぜる種菌で、独特の風味を生み出してくれるものです。
プラズマサイトイド樹状細胞という、免疫機能全体の司令塔的な存在の細胞があるのですが、プラズマ乳酸菌はこのプラズマサイトイド樹状細胞を活性化してくれる働きをします。この働きにより、ウイルス増殖の阻止やガン細胞の増殖を抑えたり、免疫系や炎症の調節をする三種類のインターフェロンの産生を同時に高めることができるわけです。
より簡潔に申せば、殺菌効果や免疫力を司る免疫システムに直接働きかけるので、通常の乳酸菌よりも、免疫力を高める力が強いのです。
その上、若返り効果や、寿命延長効果もあるそうで、筆者は是非試してみたいと思いました。
このような働きは、プラズマ乳酸菌にしか出来ない働きなので、すごいですね。

R-1乳酸菌について

正式な名称は、「ラクトバチルス・ブルガリクス(OLL1073R-1)」と言います。
R-1乳酸菌は、免疫機能を司るNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させ、先ほども出てきましたインターフェロンのうちの一種の産生を促す働きを持っています。

この働きによってどんな効果があるのか?というと、R-1ヨーグルトを給食で出していた学校では、出していなかった学校の生徒に比べて、インフルエンザ罹患率が低かったことが報告されています。
また、R-1ヨーグルトを食べていた人は風邪をひきにくくなることもわかりました。

たかが乳酸菌、されど乳酸菌。
これらの乳酸菌の違いを理解した上で、免疫力を高めるために、積極的に摂取するようにしたいですね!