【人気沸騰】乳酸菌サプリの選び方!腸内環境を整える改善効果が凄い!

乳酸菌サプリコラム あなたにぴったりの乳酸菌サプリを選ぶヒントをお届け!

時代はプロバイオティクス食品!?健康維持の強いミカタ

yoguru_orange

プロバイオティクスの定義とは

プロバイオティクスとは、私たちの身体に有用な働きをする微生物や、それを含む食品のことです。
私たちの身体の中、特に腸の中には400〜500種類以上の細菌(腸内細菌)が住みついています。
腸内細菌には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の三種類あり、乳酸菌に代表される善玉菌は腸内環境を整えて、快適な便通、免疫機能を整えるなどの働きをし、大腸菌に代表される悪玉菌は有毒なガスを出して便秘や下痢、その他免疫機能を崩すなどな悪影響を及ぼします。日和見菌は、良くも悪くもない菌です。

プロバイオティクスとは、このような善玉菌や善玉菌を多く含む食品のことを指し、抗生物質(細菌を殺すものです。アンチバイオティクスともいいます)に反するものとして定義されています。
乳酸菌を含む食品には、ヨーグルトのほか、漬物、納豆、味噌などが挙げられます。

プロバイオティクス食品に期待されている効果

プロバイオティクス食品には、腸内環境を整える乳酸菌が多く含まれています。
近年、大腸がんが増加したのは食の欧米化によるものとも言われています。これは、日本人の食事が、納豆や味噌などの乳酸菌が多く含まれる和食から洋食になったことで腸内環境が悪化したから、いう説が有力です。

食事が洋食に偏り、納豆や味噌などからの乳酸菌摂取が減ると、腸内の善玉菌も少なくなり、身体に良い有機酸が減り、悪玉菌か増えます。悪玉菌が増えると、アンモニアや硫化水素といった有毒ガスが増え、腸内環境を悪化させてしまいます。
すると、便通が悪くなったり、免疫機能を低下させたり、有毒ガスが全身を回って肌荒れなどの体調不良を引き起こし、大腸がんを引き起こすきっかけにもなってしまうとされています。悪玉菌は様々な悪循環を招くんですね。
プロバイオティクス食品はこれらの悪循環を解消し、身体の様々な不調を防いでくれる素晴らしい効果があるのです。

プロバイオティクス菌の代謝物は万能効果を持つ!?

プロバイオティクス食品からの代謝物、たとえば酢酸や乳酸などは素晴らしい万能効果を持ちます。
これらプロバイオティクスの代謝物はみな酸性です。代謝物によって腸内が酸性になり、悪玉菌を減らします。すると悪玉菌の出す毒素も減り、腸内環境が改善されます。ちなみに赤ちゃんの便は酸っぱい臭いがしますが、これは腸内の善玉菌がたくさんあるからです。

また、代謝物は腸の動きを刺激して快適な便通をもたらします。
毒素が減ると、肌荒れなどのトラブルも改善されるとと言われています。
腸内環境が改善されると、体内の免疫機能60%が腸内に集まると言われていますが、それらの働きも改善し、インフルエンザへの抵抗力が上がったり、アレルギーを改善したりといった、全身の症状にも効果があります。
このように、プロバイオティクス食品の代謝物の効果は、
 ・便通の改善
 ・肌荒れの改善
 ・身体の抵抗力が上がる
 ・アレルギーが改善する
など、万能な効果が期待できるんです。