【人気沸騰】乳酸菌サプリの選び方!腸内環境を整える改善効果が凄い!

乳酸菌サプリコラム あなたにぴったりの乳酸菌サプリを選ぶヒントをお届け!

ビフィズス菌でダイエットは可能!?その真偽とは太りにくい体になる

腸内に存在する善玉菌・悪玉菌・日和見菌

腸内には、500種類以上、100兆個もの細菌が生息しています。様々な菌がまるでお花畑のように腸内に広がっているので、腸内細菌叢(または、腸内フローラ)と言われます。これらは大きく3種類に分けられ、私達の身体に有用に働く菌を善玉菌、有害物質を排出し体調を悪化させたりする菌を悪玉菌、そして良くも悪くもない菌を日和見菌と分類されます。善玉菌は、例えば乳酸菌・ビフィズス菌・納豆菌などが有名でそれぞれ乳酸や醋酸などの有機酸を産生します。
悪玉菌は、大腸菌や赤痢菌などが有名で、アンモニアや硫化水素などの有害物質を産生し、便秘や下痢などを引き起こしたり、血中に有害物質が流れ込むとそれが全身をめぐって肌荒れなどの体調不良を起こす原因にもなります。
腸内には様々な菌が常に生息しているのです。

高脂肪食品で傷ついた腸内をビフィズス菌が修復する

揚げ物やファーストフードなど脂肪が多く含まれる食品を摂りつづけると、腸内では善玉菌が減り悪玉菌が多くなります。すると、悪玉菌の出すアンモニアや硫化水素などの有害物質によって腸内環境が悪化し、有害物質が腸の壁を傷つけます。すると、腸壁がただれてポリープや潰瘍性大腸炎になったり、免疫力の低下や自己免疫疾患(アレルギーなど)などを引き起こします。
ビフィズス菌は善玉菌の一つで、乳酸菌と同じように腸内で有機酸を排出します。有機酸、たとえば酢酸や乳酸は、腸内を弱酸性に保つだけでなく、悪玉菌の出す有害物質を減らしたり、悪玉菌を殺菌したりと、万能の効果をもたらします。そして結果的に腸壁の修復に効果を発揮し、ポリープや潰瘍性大腸炎なども予防する効果も期待できます。
ヨーグルトや乳酸菌サプリメントなどでよく見かけるビフィズス菌、これには腸を修復し、病気も予防する素晴らしい効能があるんです。

摂取すれば「痩せる」ではなく太りにくい身体に

乳酸菌サプリメントでよく見かける『ダイエット』効果、はたして本当なのでしょうか。
実はこれはニュアンスが少し異なり、乳酸菌サプリメントをとったからと言って皆が皆、痩せるわけではありません。
乳酸菌サプリメントは、あくまでも腸内環境を改善するもの。
腸内環境が改善されると、今まで下痢に悩まされいた人も便秘に悩まされていた人も、ちょうどよい快便になります。
下痢は食べたものがすぐに出て行くのでうらやましい、と言う人もいますが、下痢が続くと水分も多く出て行くので、脱水症状や栄養不良になりやすく、いつ下すのか心配で精神衛生上よくありません。症状は便秘の人と違えど、腸内環境が悪いことには変わりないのです。
ここを改善すると、毎日気持ちよく便通があり、トイレの心配もなく、スッキリと過ごすことができます。腸内環境がよくなるため、今まで有害物質が全身を巡っていたのが原因で肌荒れや体調不良に悩まされていた人も改善されます。また、腸からの有害物質によって内臓にも障害が起こり、肥満や2型糖尿病が起こるとも言われており、腸内環境をよくすることでこれらも改善効果が期待されます。
乳酸菌サプリメントによって腸内環境が改善することで、今まで全身を巡っていた有害物質が減る結果、単に痩せるのではなく、腸内環境悪化による肥満や糖尿病を防ぐ、という、『太りにくい体質になる』と考えることができるんです。